株式会社ブライトフューチャー 株式会社ブライトフューチャー

私の親の体験談

LINEで送る
Pocket

ちょうど3ヶ月前、うちの母親が自転車で転んで、全く歩けなくなってしまった!
トイレに連れていくのもキャスター付きの椅子に乗せて運ばなければならないぐらいの状態。

自分で動けない人が周りに出てきて初めて分かったこと
とにかくいつも気にするようになる
・おなかは空いてない?
・トイレ大丈夫?
・どこかか痛くない?、困ってない?

これらの言葉掛けを自宅で仕事をしていたこともあり、時間を見て中断して声掛けをしていました。
初めはありがたいと思っていた母親も、段々、私に気にかけさせている事に悪いと思う気がしてきて、何かあったら言うからいいよ!とは言う
こちらも気にしようとしないようにして、何かあったらLINEして!とは言うが、なかなか来ない。
LINEするのも電話をするのも気が滅入るのかなと思ってしまった

そんな時に、このボタンの話は聞いていたので試しに使わせてみた!
3パターンしか登録は出来ないけど、先に書いたように、気にしていたのは
ご飯、トイレ、気分は悪くない。この3つぐらい・・・

ボタンを押すくらいなら出来るでしょ!! と渡してあげてあとは本人にお任せ〜
ボタンだと案外気軽に呼んでくれる。
直ぐに行けなくてもグループLINEに入るから、こちらから母親のLINEに返信をしてあげる。
見ることはできるようでした。

私は母親と2人暮らしなのでこの程度ですが、もし複数人でみまもってあげている環境だったら、僕が私がやっとくよ!誰か行ける?
みたいな発信のやり取りがグループLINEなので簡単に出来るのがポイントだと思います。

メッセージも任意で変えれますので、その家族にあった言葉を登録するのもありだと思いました。

使ってみて思ったことは、このボタンを使用出来る状態の要介護者の方が呼んでくれれば、介護をする方も自分の時間を有効活用できるということだと思います。
常に大丈夫かな!と考えて時間を費やすのとは、気持ち的にも大きく違うと思いました。

ちょっとした事が介護をする方にとっての負担が減るのではないかと思います。
そのちょっとした〜それがこのみまもりボタンキテネなのかなと思っております。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

みまもりボタンキテネ購入サイト クーポンコードTK002と入力をしてください

購入サイトへ 購入サイトへ arrow_right
PAGE TOP